◆セミリンガルに関する誤解

バイリンガル子育てを考える際に、
一番気になること・・・

それは「セミリンガル」になるのでは?
ということではないでしょうか?💨

いわゆる、幼少期から英語教育を始めることで
日本語も英語もどっちつかずになるのでは❓
ということです😥

バイリンガル育児についてある程度
調べたことがある人であれば、
おそらく聞いたことがあるであろう
セミリンガル」という言葉ですが…
ことばが独り歩きしすぎて
言語学の世界ではもうほとんど
使われることはないそうです💣

ところで、「セミリンガル」という言葉は
1960年代にHansegardというスウェーデン人が
作った言葉らしいです💡

フィンランドからの移民の子どもたちが
スウェーデン語とフィンランド語のいずれも
うまく使いこなせていなかった状況を見て
セミリンガル」と表現したようで、
そこからその言葉がメディアで多く
取り上げられるようになり世に知れ渡りました❕

過去のブログでも触れたことがありますが
バイリンガル」という言葉には明確な定義がなく
人によって解釈が異なりますが、同じことが
セミリンガル」にも言え、実は言語研究者の間では
長年物議を醸してきた言葉なんだそうです😱

どの程度が「セミリンガル」なのか、
明確な基準がないんです🙁

そして、この頃から一部の言語学者の間では
セミリンガル」にならないためには
第二言語の習得は母国語がしっかり身に付いてからと
提唱されるようにもなったそうです😢

※昨今の研究ではバイリンガル育児には、"simultaneous bilingualism"
と言って
0歳~3歳までの間に第2言語も母国語と同時に習得する方法と、
"sequential bilingualism"と言って母国語ができるようになってから
第二言語を習得する方法があり、どちらも正解・不正解はありません。

残念ながら、日本ではその部分だけが切り取られ、
第二言語の早期習得は「セミリンガル」を招くという
ネガティブなイメージが多くの日本人の頭の中に
植え付けられているような気がします💦

セミリンガル」という言葉が広く知れ渡る前から、
アメリカにはヨーロッパなどから多くの移民が移り住み、
その子どもたちの中には、母国語に第二言語(英語)
の両方が中途半端で使いこなせていなかった子たちが
一定数いたということは実際に報告されていたようです😵

そして、移民の子どもたちの間で自然と
"code-switching" (ルー語)がよく起こることからも、
2つの言語を同時習得することはネガティブなイメージが
つきものだったようです💀
※例「私はスクールに行く」のように1つの文に二言語が混じること。

昨今では、その現象(ルー語)は、2つの言語を
同時に習得する上で起こるごく普通の現象であり、
大きくなるにつれ徐々になくなっていくため、
心配する必要はないとされています🍀

そして、セミリンガルに関する情報で抜けている
最も重要なポイントは、
セミリンガルになる原因は
幼少期のバイリンガル教育ではなく、むしろ社会的・
経済的な要因が
大きいということです❕

・社会的要因

セミリンガルになりやすいのは、
母国語が少数派の環境にいて周囲の多数派の言語に
置き換わる場合と言われています💥

例えば・・・
メキシコからアメリカに渡った移民の子どもが
母国語であるスペイン語(少数派)を学ぶ機会を失い、
言語が英語(多数派)に取って代わってしまった。

幼少期に母国語がまだ発達段階で、母国語の代わりに
第二言語を習得することになった子どもたちが、
セミリンガルになってしまったのです😱

第二言語の能力が母国語を超えることはないので、
母国語がままならない状態で子どもを取り巻く環境が
第二言語に切り替わるとどちらの言語も
伸び悩むのは想像できますよね💨

ここで押さえておきたいポイントは、
このケースは社会的背景により少数派の言語である
母国語が発達段階で排除され、多数派の第二言語
取って代わってしまったという点です💡

日本のように日本語が圧倒的多数派の社会で、
日本語を学ぶ機会を取り除き英語に置き換えることは
そう簡単にできることではありません!

極端に日本語を生活から排除して、
英語を優先させるようなことをしない限り
日本社会ではセミリンガルは起こりにくい
ということになります🤓

・経済的な要因

セミリンガルは親の識字率が関係しているという
論文があります💡

言葉を習得する上で「読書」は大切と言われるように、
文字の読み書きができないということは、
良質のインプットができない原因になります😓

言葉の習得には量・質ともにインプットが
最も重要な要素であり、そこが欠けると
セミリンガルになりやすいのでしょう💦

移民の子どもたちの中には母国語も第二言語
使いこなせないセミリンガルが一定数いたことは
事実ですが、それが幼いころから二つの言語に
触れていたことがその直接的な原因ではありません❗️

社会的・経済的な理由が大きく影響していますが、
その事実はあまり日本では知られていないように思います🤔

そして、今このブログを読んでくださっているような
教育熱心なご両親のもとで育ったお子様においては、
セミリンガルとは程遠い関係なのではないかと
個人的には思いますが、いかがでしょうか❓

幼少期から第二言語を習得するメリットは多いのに、
セミリンガルに関する誤解によって
それが謙遜されている現状については
もったいない気がしてなりません😥

どうかこの誤解が少しずつ解かれ、
幼少期の英語教育がポジティブに捉えられる
社会になりますように✨

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました🌈

◆”英語絵本” はおうち英語に欠かせない

今回はおうち英語を成功に導くためには
決して欠かせない英語絵本についてお伝えします❕

子どもに英語ができるようになってほしいと
思うなら英語絵本は絶対に取り入れるべきです🥺

なぜなら、絵本は語学の発達に欠かせない
重要な役割を果たしているからです🌈

ボキャブラリーが強化できる
絵本の何が良いかというと、やはり表現力
ボキャブラリーが増えるということ。

日常生活で使う言葉には限りがあるので、
新しい単語に出会うためにはたくさん本を読んで
新しい情報をインプットすることが大切です💪

②言葉が定着しやすい
絵本にはわかりやすいイラストがあるおかげで、
知らない単語や表現が出てきても子どもでも
イメージがしやすく、記憶に残りやすいです🍀

③基本文型が身に付く
子どもの絵本はシンプルな基本文型が
使われた文章が繰り返し出てくることが多いので、
自然と英語の文法が身に付きます✏️

さて、このような理由で英語絵本
おうち英語に欠かせないわけですが、
ここからは私のおすすめ英語絵本の紹介です✨

●From Head to Toe


はらぺこあおむし」でおなじみの
エリック・カールさんの絵本で、
カラフルで躍動感あふれるイラストが
インパクト大で子どもの興味を誘ってくれます♪

動物のまねっこをして親子で盛り上がれる一冊🤣

動物の名前、動物の動作(動詞)、そして
”can”(~できるかな?) を使った文型が学べます❗️

我が子は動物のおもちゃで遊ぶのが大好きなので、
この絵本で学んだフレーズを使って、
毎日のように動物遊びを楽しんでいます😎


●Where is Spot?


可愛いワンちゃん(スポット)をママの犬が
家中を探し回るストーリーで、仕掛け絵本なので
小さな子どもでも興味を示してくれるはず🐶✨

Behind, under, inなどの前置詞が自然と学べ、
何かの居場所を知りたい時に使う質問文もバッチリに😉

この本を読み慣れたら、英語でかくれんぼ遊びが
できるようになりますよ🫣

わが家では「しまじろう」のパペットを使って、
かくれんぼ(しまじろう探し)してます🎵


●Where is Baby’s Belly Button?


子どもが大好きな「いないいないばぁ🤪」の
しかけ絵本で、赤ちゃんの体のパーツを
どこどこ~?と探していくストーリー💕

こちらもいろんな前置詞が出てくるのと、
目や手・おへそなどの体の名称も学べます。

お風呂に入っている時や、着替えている時に、
「Where is your belly button~?」
といった具合に絵本のフレーズを使って
親子のイチャイチャタイムを作っています😍


●Five Little Monkeys Jumping on the Bed


こちらは英語の童謡にも良く出てくるので、
絵本というより歌のイメージがある方も
いらっしゃるかもしれません💡
5匹の猿がベッドで飛び跳ねて一匹ずつ
落ちていっちゃう、なんともまぬけなお話🐒
子どもを膝の上に座らせて読むときに
猿がジャンプするタイミングで
膝をぴょーんぴょーんと弾ませると
子どもが喜びます💗
数字とJump, fall, callなどの日常会話で
頻出する動詞が学べます!
この本(歌)は動物のおもちゃで遊ぶのに
相性がよく、我が子がめちゃくちゃハマっております🤗

これらの絵本をどのように普段の遊びに発展させ
英語を定着させるかは、インスタで紹介していくので
良かったら覗いて見てくださいね😄

https://www.instagram.com/gogo_ouchieigo/

ちなみにこちらの投稿でも、おすすめ絵本を
何冊か取り上げているのでチェックしてみてください✨

やっぱり絵本はベストセラーを買って間違えないです❗️😆
これは日本の絵本でもそうですが、
人気の絵本はどの時代も人気な理由があります。

下手にあれこれ試すよりも、不動の人気を誇る
絵本を強くオススメいたします💚

ちなみに洋書はだいたいAmazonで買うのが
一番安いので、うちは基本Amazonで買ってます😎

あと、洋書はPaperback、Hardcover、Boardbookと
だいたい3種類ありますが、個人的には
Hardcoverが好きです😊

Paperbackは値段は一番手頃ですが、
表紙もペラペラの紙なので傷みやすいです💦

Boardbookは前ページが光沢のある
分厚いボール紙でできているので一番頑丈ですが、
かさばるので持ち運びに不向きなのと
本棚から落として足に当たると痛いです💦

Hardcoverは表紙だけが丈夫にできていて、
日本の絵本はこのパターンが多いです😌

なので日本の絵本で違和感なく使えているなら、
洋書もHardcoverで良いと思います👍

最後に、英語の絵本を読むって
自分の発音が気になりますか❓

ネイティブの発音じゃないし…と
そんな理由で英語絵本を諦めないでください😱

仮に日本に来てまだ間もないフィリピン人のママが、
カタコトの日本語で子どもに絵本を読んでいたら
それはやめといたほうが良い!と止めますか?

愛情たっぷり、わが子のために母国語でない
言葉でも一生懸命絵本を読んであげてるって
とっても素敵だと思いませんか??👼
その発音、子どもにうつっちゃうよ…
と心配しないですよね❓

そう、英語絵本を読んでいる以外の時間で、
たくさんネイティブの発音を聞いていたら、
ママ・パパの英語の訛りはうつりません❕

ネイティブの発音じゃなかろうが、
子どもがそれでも英語絵本タイムを
喜んでくれれば良いのです🧡

ただ、それでも個人的にはどうしても
気になるサービスがあります。。。

それは、Amazon audibleです✨😄

英語絵本に限らずですが、プロ(ネイティブ)の
ナレーターが本を読んでくれるのです💡

個人的には、最近買った英語絵本に知らない単語が
結構出てきて、もちろん発音もわからないので
何度も audible で聞き流して読み方を覚えたいなー
と思ったのでした😆

リビングのAlexaを通して流せば、家事をしながらでも
聞けるのでとても便利そうだなと魅力を感じております❣

発音が不安な方は audible のナレーターの読み方を
参考にしたり、時には audible に絵本の読み聞かせを
してもらったりと上手く活用するのはありです😄

初月は無料でお試しできるので、まずは1ヶ月
使ってみるのもありかもしれません❕

◆親は子どもに英語で話しかけるべき?

これ、おうち英語に取り組むにあたり
悩む方結構多いんじゃないでしょうか❓
私自身は正直定まらない時期がありました💦

英語で話しかけた方がいいのかな❔

私そもそも日本人だし、母国語の日本語で
話しかけるべきなのかな❔

時には英語、時には日本語…
それだと混乱しちゃうかな❔

日本で出回っているバイリンガル育児に関する本も
かなりの数読みましたが、本によって言ってる内容も
違うし何を信じたら良いのかわからず…
かなり悩みました💨

そこで、また救われたのが海外の情報🤣

そう、過去の投稿でも話しましたが、
やっぱりバイリンガル育児に関する情報は
海外の方が圧倒的に進んでいます✨

そこで、今回は海外のバイリンガル育児に
関する文献では定番のメソッド4つをご紹介します🤓

*********************

①One Person, One Language (OPOL)

一人の親が一つの言語に限定して子どもと
話す方法です。

一番有名で、過去には一番効果的な方法
として認知されていたこともあります。
今は必ずしもそうでないと言われています。

わかりやすい例を挙げると、
日本に住んでいる日本人の母親と
アメリカ人の父親が、それぞれ日本語・英語と
話す言語を決めて子どもに話しかけます。

お互いがネイティブレベルなので、
上手くいけば子どもは両言語ともに
ネイティブレベルのバイリンガルになりますが、
実際はそう簡単にいかないケースもあるです。

父親と話す時だけ英語で、それ以外の時間は
全て日本語となると、英語を聞く分には理解
できるけど、上手く話すことはできない、
いわゆる「受け身のバイリンガル= Passive bilingual 」
になる可能性だって十分にありえます。

いくらこのメソッドで親が話す言語をきっちり
わけていたとしても、英語を話すことが求められる
環境で育なければ(アメリカ人の父親に日本語が通じ、
英語を話す必要がない環境であれば)子どもは英語を
話せるようにはならないこともあるのです。

ちなみに、このメソッドの成功率は約75%という、
海外の研究結果もあります。

ただ、両親ともに日本人で日本に住んでいる場合、
この方法は現実的ではないことも事実です。

*********************

②Minority Language At Home (MLAH)

家の中では少数言語を話すという方法で、
移民の家族が使うケースが多いようです。 

例えば、アメリカに移住した日本人の家族が
家の中では家族全員が日本語で会話します。

子どもが家の外に出るとどっぷり英語環境で
英語のみを話します。

この方法だと、子どもは日本で育つ日本人と
変わらないほど日本語が身に付くと言われています。
(日本語の読み書きは困難なため工夫が必要です)

このメソッドは家庭内で日常的にインプットと
アウトプットの機会が十分に確保できるため、
うまくいくことが多く、ある海外の研究によると
①OPOL よりも成功率が高いとされています。

ただ、② MLAH も ①OPOL 同様、日本に住んでいる
両親ともに日本人の家庭にとっては非現実的です。

*********************

➂Time and Place (T&P)

時と場所によって親が使う言語を変える方法で、
多くのバイリンガルスクールで採用されています。

一般的なケースは、両親の母国語ではない言語を
子どもに習得させたい場合によく使われてます。

また、①OPOL または ②MLAHをすでに
取り入れている家庭で、第三言語を
導入するときに取られる方法でもあります。

例えば、日本に住んでいる日本人の家族が
朝だけ、平日だけ、お風呂の時間だけなどに
限定して家の中で英語を話す時間を設定します。

これだと、日本の一般家庭でも母親か父親・
もしくは両方がある程度の英語が話せるなら
使える方法です。

ただ、一番気になるのが親が二つの言語を
話して子どもは混乱しないか?という点。

海外のバイリンガルに関する研究によると、
子どもは複数の異なる言語を同時に習得しても、
混乱することなく言葉を使い分けることができる
ということが証明されています。

特に英語と日本語は言語的にかけ離れており、
むしろ区別しやすい組み合わせだそうです。
※英語とドイツ語などの同じ言語グループとの比較

*********************

④Mixed languages

複数言語を話したい時に話すという方法で、
上記3つのようにルールは一切ありません。

会話の途中でも言語が入れ替わることがあるほど
完全に複数の言語が混じり合った環境です。

イメージしにくいですが、多言語国家で
普段から複数言語が当たり前のように
飛び交っているコミュニティーでは、
ごく一般的なことだそうです。

➂T&Pで述べた通り、複数言語が混ざり
子どもが混乱する心配はないようですが、
大量のインプットとある一定のアウトプットが
必要不可欠になります。

日本人の両親が語りかけ英語フレーズを覚え、
できる範囲で子どもに英語で話しかる方法は、
このメソッドに近いと言えますが、
それだけでは十分な英語のインプット量を
確保できないため工夫が必要でしょう。

************************

いかがでしたか?

こうして調べてみると、

  • 親の母国語でない言語で子どもに語りかける
    方法も立派なメソッドとして確立している
  • 親が日本語と英語の両方を話しても問題がない

ということがわかりました💡

そして、どのメソッドにも共通して言えるのが
結局のところ家の外による影響が大きいということです。

日本のような「日本語オンリーの社会」では、
家庭内で英語のコミュニケーションの時間を
日常的に確保しないと、多くの方が目指している
バイリンガルへの道は開けないかもしれません💦

そんな考えから、私は英語を完璧には話せませんが、
できるだけ子どもには英語で話しかけています❗

留学経験はあるとはいえ、毎日のように
「これって英語でなんて言うんだろう?」
「この表現って正しいのかな?」の繰り返しで
不安になりながらは調べたり、アメリカ人の知人に
聞いたりして日々英語学習に励んでいます✨

ただ、親が英語で子どもに話しかけなくても、
オンライン英会話や通学制の英会話スクール
を取り入れるなど方法はいろいろとあるので、
必ずしも全員におすすめするつもりはありません🍀

皆さんの家庭にあったやり方が見つかると
良いな!そんな想いで今ブログを書いています🤗

そして、おうち英語で子どもたちに
英語の語りかけを頑張りたい!と思っている
親御さんたちに向けて最近 Instagram も始めました❗

アカウント名は @gogo_ouchieigo です😉

https://www.instagram.com/gogo_ouchieigo/

おうち英語フレーズなど発信しています👍
よろしければ覗いてみてください🙏

 

 

◆英語教育マニアが分析する英語教材(DWE・WWK・その他)

子どもの英語教育に興味のある方は、
おそらく英語教材の購入を検討すると思います🙂

今回は、私が実際に資料請求をして比較した
英語教材を4つ簡単にご紹介✨

英語教育マニアの観点から、
私個人の考えもお伝えします🎶

  1. DWE(ディズニー英語システム)
  2. WWK(ワールドワイドキッズ)
  3. こどもちゃれんじEnglish
  4. ミライコイングリッシュ

教材の詳細に入る前に、
そもそも英語教材は必要?という疑問について
私なりの考えをお伝えします✨

ズバリ…❗

正直なところ英語教材がなくても
おうち英語は可能です😆🎶

実際、私の周りでも英語教材は購入せずに
バイリンガル子育てが順調に推移している方の
話をちらほら耳にします🤓
本当に親御さんの努力がすばらしいです👏

そういう親御さんの共通点はこちら ↓

  ☑ 英語が得意で子どもと英語が話せる

     or

      ママ・パパ自身が英語を勉強している

  ☑ バイリンガル育児の優先順位が高い

  ☑ 英語教育に関して情報通・精通している


あくまでも私の個人的な分析ですが
🙂

いろいろとご自身で情報収集して、工夫して、
自己流でおうちで英語教育ができるって
なんともうらやましい限りです💖

私はと言うと、6年ほど留学経験があり
一応バイリンガルということもあって、
周りからは「自分で英語教えたらええやん🤚」
と言われますが英語教材を申込みました❗😅
自分で教えることもできなくはないだろうけど、
あったらあったで安心…😉
というか、ないとなんか不安…
の方が表現として正しいでしょうか💦

そんなことはさておき、まずは基本情報の比較から👓

次に、各教材について私の見解を書きます❗

***********************

1️⃣DWE(ディズニー英語システム)

とにかく本当に良く考えられて作られた
抜けのない優良教材✨💯
表現力アップのためのタッチペン付の本や、
発話を促すQ&Aカード、
理解力を深める体験型教材など
さまざまな仕掛けがあります。

教材のボリュームからわかるように、
英語のインプット量も膨大です。

よって、目指せるレベルももちろん高く、
(なんと最終的には英検準1級!)子どもに
高い英語力を期待するなら間違えなく
こちらの教材でしょう💁

月会費はかかりますが、会員になると
電話で週1回(3分程度)英会話の練習ができたり、
イベントに参加できたりと、
実際にアウトプットできる機会まであります。

また、CAP制度という独自のレベルアップの
システムがあり、子どものモチベーション維持には
とても効果的な方法だと思います👍

英語学習に必要なすべてのステップが
盛り込まれた完璧なセット教材です🙆‍♀️

もともと100万円もするなんて高すぎる…
と思っていましたが、これだけ充実した内容なら
むしろ高くないと思いました👀

ただ、私が最終的に選ばなかった理由としては🔽

①教材の数が多く複雑で使い方が難しそう、
 かつ場所を取る

②子どもがずっと気に入って遊んでくれる
 保障はないと思うと高額商品はリスクが高い

➂私の性格的に使いこなすのは恐らく難しい
 (飽き性、貧乏性、めんどくさがりや)

あとは、小さいうちからそこまで高い英語力
(小6で英検準1級)を子どもに求めるか?
と考えた時に、そこまで頑張らなくても
良いんじゃないかという気がしました😅💦

参考までに、中古でDWEを購入するのもありですが、
アウトプットの場とモチベーション維持の方法を
ご自身で工夫する必要があるかと思います💡

***********************

2️⃣WWK(ワールドワイドキッズ)

DWEの次に本格的な英語学習ができるであろう教材✨

こちらの教材もボリュームがかなりあるので、
インプット量としては非常に優れています😊

ベネッセのオリジナル教材と
海外の人気知育教材や人気絵本が
組み合わさっているのが魅力的です😍

30万円程度と合理的な価格設定で、
人気が高い理由にも納得です❗

定期的に親子で参加できるイベントも
開催されており、こちらもアウトプットの場と
セットの充実したサービスです✨

こちらの教材を購入するに至らなかった理由は、
こどもちゃれんじEnglishとの二択で悩んだ結果です💧

DWEと比べると教材は少なめですが、
それでもやはり私には教材が多く感じてしまい
使いこなせる自信がありませんでした💨

WWKの教材セットに含まれている
海外の知育玩具や英語絵本は自分でも買えるので、
良さそうなものがあれば実はポチってます🤣

***********************

3️⃣こどもちゃれんじEnglish

ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

子どもの年齢・発達に合わせたオリジナル教材が
2ヶ月に一回届くサブスクの英語教材😊
DVD・おもちゃ・絵本の全てが毎回連動しており、
英語の定着が図れるよう設計されたよくできた教材です👏

何と言っても主人公があの「しまじろう」なので、
しまじろう好きの子どもにはたまりません💗

肝心な費用はというと、
月換算すると約1,500円。(年間約2万円)
年長さんまで継続すると総支払額は約10万円💡

DWE・WWKがオールイングリッシュなのに対し、
こちらのDVDでは補足説明的に時々
日本語が出てきます💡

日本語がある程度わかる子どもにとっては
馴染みやすかったりすると思いますが、
英語教材に日本語が入っていることに
否定的な見方もあります。

個人的にはそこまで気にならないですが🙂

「しまじろうは英語も話せてすごいね👏」と
考え方によっては、バイリンガルのしまじろうが
子どもにとって目標となる存在にもなり得る💡
と思っています❗

肝心な英語力が身に付くかという観点で言うと、
DWE・WWK(約6,000語)と比較すると圧倒的に
インプット量では劣りますが、
ゆっくり英語を楽しんで身に付けたら良いと
思っている家庭には申し分ないレベルです👍

「約2,000語学べる」=小・中学校で学ぶ
語彙数に値するので、小学校に入る前に
それだけの知識が身に付いていたら十分かと🤗

もし物足りなければ、しまじろうの英語の
YouTube チャンネルがあるので、
それを見せるのもありです!!
英語のしまじろうアニメがたくさん🤩
リンクはこちら ↓ ↓ ↓
Shimajiro Channel - YouTube

私がこの英語教材を選んだ一番の理由は、
ネガティブな印象を与えるかもしれませんが
サブスクでいつでも解約できるからです😅

子どもがいつまでも同じ教材に
興味を示してくれるかなんてわからないし、
これだと数多くある教材の中から
毎回どれにしようかと悩む手間もなく、
2ヶ月毎に届く教材をそのまま子どもに渡すだけ♪

私たち夫婦はフルタイムの共働きなので、
日々の忙しい生活中で無理なく続けられそうな
内容というのはポイントが高かったです💡

今のところ英語うんぬん抜きにして、
かなり子どもが気に入って遊んでくれているので、
正直めちゃくちゃ助かっております🤣

我が子は0歳(生後4ヶ月)から
こどもちゃれんじ<baby>を始めていたので、
1歳になる頃にはしまじろうが身近な存在になっていて
これほどにも食いつきが良いのかもしれません♪

こどもちゃれんじ English(1歳~)を見越して、
0歳からこどもちゃれんじ<baby>を始め、
しまじろうファンに仕向けるのも
戦略としてありかもしれません✨

***********************

4️⃣ミライコイングリッシュ

毎日30分見るだけ(目安は約2年間)」という
シンプルでわかりやすい教材🙂
上記3つと大きく異なる点はおもちゃや絵本はなく
DVDがメインという点です💡

身に付くレベルとしては、語彙数(1,500語)から
判断するに、おそらく「こどもちゃれんじ English」
より少し低めのレベル設定でしょうか🤔

手頃な価格設定(58,600円)とシンプルな教材設計が
魅力的ではありましたが、
英語の映像を見せるだけであれば
YouTubeの幼児向け英語動画で十分なのでは?
という気がいたしました😂
無料で質の高いコンテンツがたくさん存在するのでね✨

***********************

いかがでしたでしょうか?

おうち英語に必ずしも英語教材が
必要なわけではありませんが、
あれば心強い味方であるのは確かです🍀

教材なしでは何をどう始めたらいいかわからないし
不安!という方は前向きに検討して良いと思います😊

まずは資料請求をしてみて、実際のサンプルを
手に取って見られてはいかがでしょうか?

そして、最後に伝えておきたい重要なポイント❗❗❗❗

英語習得に必須なのは👇


「大量のインプット」 × 「適度なアウトプット」

言語学会の理論ではその割合は諸説ありますが、
おおむね【8:2】だと言われています。

いずれの教材もインプットがメインなので、
アウトプットの場を考える必要があります😊

教材を買って安心してはいけません💦
大切なのはどの教材を購入するかではなく、
購入した後どう使っていくか?です🤔

 

◆おうち英語 ステップ 3:英語時間を習慣化する

おうちで英語環境を整えても、
毎日活用しないと意味がありません!

今回は、英語時間の習慣化についてです

子どもがぐずったら YouTube でも見せよう~、
気が向いたらアレクサに話しかけてみよう~、
夜時間があったら英語絵本を読もう~、
なんて思っているだけじゃ
きっとおうち英語は続きません…😥

英語時間を意識しないと他のことに気を取られ、
あっという間に一日が終わってしまうからです😅

そうならないために、毎日の生活の中に
あらかじめ組み込んじゃってください💡

我が家を例に挙げると。。。

**************************

 🕖AM7時~(朝食🍽/朝の支度中)
 ・・・ アレクサで英語の童謡をかけ流し🎶(約1時間)

 🕠PM5時半~(夕食🍽準備中)
 ・・・YouTube でお気に入り動画をかけ流し🎶(約30分)

 🕖PM7時~(夕食後)
 ・・・NHKニュースを副音声の英語で見る📺(約30分)
             ※私たち夫婦の日課で子どもは関係なし😆

 🕗PM8時~(お風呂🛁)
 ・・・ 英語の歌を唄う🎶英語で話しかける👱‍♀️(約15分)

 🕣PM8時半~(寝かしつけ)
 ・・・英語絵本の読み聞かせ📙(約15分)

**************************

この4月から保育園に行き始めて
そもそも家にいる時間が限られており
今はこんな感じで1日あたり2時間くらい
英語時間を確保しています😉

週末はもちろん家にいる時間が長いので、
しまじろうの英語 DVD を一緒に見たり
平日よりは英語時間を作れているとは思います✨

一日あたりどれくらいの英語時間が必要か?
については、最低でも1時間だと考えます💡

その根拠はこちらのブログで触れているので、
良かったらあわせてご一読ください🎶

理想はと言うと、子どもが起きている時間の
20% ~ 30% です💡

我が子に当てはめると、
1日あたり2.5時間~3.5時間です👦

海外のバイリンガル教育の研究で、
起きている時間の 20% ~ 30% 相当の時間を
第二言語に費やさないとバイリンガル
目指すのは難しいという研究結果があるそうです💡

これに関してはもっと補足でお伝えしたいことがあるので、
また別の投稿でお話しますね👍

どうでしたか?

皆さんのご家庭でもおうち英語時間を
習慣化できそうでしょうか?

まずは一日30分程度のゆる~い感じでも良いので
英語を日々の生活の一部にしてください🤗🌈

◆おうち英語 ステップ 2:英語環境を作る

今回はおうち英語の ステップ 2✨

我が家で取り入れた英語環境について4つご紹介します😃

  1. YouTube
  2. 英語絵本
  3. スマートスピーカー
  4. 英語教材

では、早速詳しく見ていきましょう❗

**************************

1️⃣ YouTube

最も手軽でおすすめしたいのが YouTube の活用です✨
親御さんの英語力も問われないし、
何と言ってもこんなに充実したコンテンツが
無料であふれているなんて本当に恵まれた時代だな~♪
としみじみ思います😆

我が家では生後5ヶ月くらいから
YouTube で英語のかけ流しをしていました。(音声のみ)

子どもが映像を好んで見始めたのは、
生後7ヶ月頃からでした💡
※バウンサーに座らせて見せていました。

幼児向けの英語チャンネルに一通り目を通してみて、
個人的にこれだ!と決めたのは下記の2つ😊

●Super Simple Songs

 

・その名の通り本当にシンプルな単語が使われており、
 初めてのかけ流しにはぴったり♪
子どもと一緒に遊べるコンテンツが多くて楽しめる!
・動画と連動した無料教材もネットで提供している

●CoComelon

・日常的なシチュエーションが多く親も英語が学べる
知育(色や形)のコンテンツも充実している

2歳を過ぎて歌以外(アニメ等)にも興味を示したら、
Peppa Pig・Maisy Mouse・Bllipi なども
見せ始めようかと思っています!

ちなみに幼少期は歌を聴かせることが
言葉の発達に効果的だということが証明されています。
会話やアニメ等より、歌の方が言葉が身に付くそうです。

**************************

2️⃣ 英語絵本

英語に自信がなくてもぜひ取り入れて頂きたいのが
英語絵本の読み聞かせです✨

日本語でも絵本の読み聞かせが推奨されている理由と同じです💡

脳への刺激、スキンシップによるリラックス効果、
読解力、語彙力、想像力を高める効果があります😊

我が家で初めて英語絵本を読み始めたのが
子どもが生後5ヶ月くらいの時でした。

ここまで読まれて
いや、私英語で絵本読めないし…😭
と思っているあなた❗

発音に自信がなくても気にしなくて大丈夫です✨
YouTube やアニメ等を通して日頃から
ネイティブの発音に触れていれば、

子どもは正しい発音を身につけることができます✨✨

どうしても気になるようであれば、
YouTube で音声が聞ける絵本も多いので
絵本の下のリンクを参考にして下さい😉

たくさん紹介したい本はあるのですが、
今回は厳選した3冊にしぼります💡


🚩定番中の定番はらぺこあおむしです🐛

The Very Hungry Caterpillar - Read aloud children's book with sound effects and music! - YouTube

我が家では、英語でも日本語でも読めるものにしました。
私が読む時は英語、主人が読む時は日本語と
使い分けができるので英語併記のものを買って正解でした🌈


🚩次におすすめしたいのが「Goodnight Moon」🌛

これは YouTube 大学でオリラジのあっちゃんが
熱く魅力を語っていたのを見て気になっていたものです。

1947年の戦後まもなく発売されて、
今なおベストセラーという寝かしつけ絵本

我が子も私の想像以上に夢中です😊
毎晩これ読んでと私に持ってきます👍

日本語版の「おやすみなさい、おつきさま」も
ありますが、これは絶対に英語版で読んでください💡

🚩最後は「Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?

Brown bear, Brown bear, what do you see? - YouTube

何と言ってもこの心地よい言葉のリズムと、
エリック・カールさんの鮮やかな色使い絵が
とっても魅力的な一冊です!
繰り返し同じ表現が何度も出てくるので
「動物」と「色」の名前がすぐに覚えられます😄

**************************

うちで活躍しているスマートスピーカー
Amazon Echo Show!(アレクサ)😎


目的としては2つ、いやそれ以上。
私の英語の音楽のかけ流し英語の会話相手です。

うちは Amazon Prime に入会しており、
多くの音楽が無料で聴けます🎶

なので、TV で YouTube を流したくない時はアレクサの出番!

私が朝食時に決まってかけ流すのがこちら。

[0歳からの英語シャワー]

また、アレクサは簡単に英語設定できるので、
我が子には英語を身近に感じてもらえるように
子どもの前では積極的にアレクサに話かけています。

英語のパターンさえ覚えれば、英語に自信がない方でも
十分使いこなせると思います✨

例えば・・・
  • How was your day today?
  • How is the weather today?
  • How do you say "_____" in English?
などを問いかけると、即時に英語で答えてくれます。

その他にも英語の指示もできます。
  • Set a timer for 2 minutes. Stop the timer!
  • Play "Cocomelon". Turn down/up the volume.
  • Turn on/off the TV.*

*ちなみに家電に関する指示は、
家電とアレクサを連携しないといけないので
こちらも併せて購入する必要があります💡


夏は外出先からエアコンの電源を入れたりと、
英語以外の用途でも大活躍です😃

リビングと子ども部屋に1台ずつアレクサを置き、
それらを連携してベビーモニターとして
使っていた時期もありました。

**************************

4️⃣ 英語教材(マストではありません)

我が家では主に4つ資料請求し、吟味した結果
「こどもちゃれんじ English」を申し込みました。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

他に候補に挙がっていた教材はこちらです💡
  • DWE(ディズニー英語システム)
  • WWK(ワールドワイドキッズ)
  • ミライコイングリッシュ

教材比較については別の投稿で
詳しくお伝えしたいと思いますが、
「こどもちゃれんじ English」に決めた理由は主に2つ👩

生後4ヶ月から「こどもちゃれんじ」を
やっていたので、我が子にとって
”しまじろう”が身近な存在であったこと💡

あとは、月額制サービスなので
いつでもやめたい時にやめられるから💡

やっぱり子どもが気に入るかどうかって
実際に与えてみないとわからないから
高額商品はリスクが高すぎました😫

こどもちゃれんじ English は1歳半頃から
始めましたが、今のところ DVD・おもちゃともに
かなり気に入って遊んでくれています😍

ちなみに、しまじろうの英語版の
YouTube チャンネルがあるのですが、
コンテンツがとても充実してておすすめです👍

子どもが今一番好きなキャラクターが
しまじろうだから、2歳頃から英語版の
しまじろうチャンネルを見せるのもありかなぁ😊
きっと興味を示してくれるはず✨


おうちでどのように英語環境を整えるか、
少しでも参考になれば幸いです🤗

◆おうち英語 ステップ 1:目標を設定する

今回のブログから3回にわたって
我が家の幼少期の英語教育の進め方について
ステップを踏んでお伝えしていきたいと思います😄

まず初めにすること・・・それは目標設定です💡

私は英語教育をする上で目標は必要と考え、
ざっくりとした目標を定めました❗️

どの程度のバイリンガルを目指すかということです😊

というのも、どのレベルを目指すかによって、
英語学習をスタートするタイミング、
親が子どものために整える環境、
かかる費用に時間、親の労力など
大きく変わってくるからです。

そこで、まずは目指すバイリンガルのレベルについて
考えていきましょう。

が、しかし・・・

実はバイリンガルの言語レベルに明確な定義は
存在しません😅

ですが、言語学的には3つバイリンガル
区別があるので紹介します✨

バイリンガルの種類

**************************
① Balanced Bilingual(バランスの取れたバイリンガル

母国語レベルで二言語を同等に扱うことが
できる人のことを指します。
このレベルのバイリンガルは稀少で、
2つの言語能力をバランス良く習得・維持することは
困難だと言われています。

② Dominant Bilingual(母国語が優勢のバイリンガル

二言語間のレベルに差があり、母国語が優勢な状態です。
二言語間のレベル差の大小は人それぞれですが、
バイリンガルの多くがこのタイプだと言われています。
※私自身もこれに該当します。

➂ Passive Bilingual(受け身のバイリンガル

一つの言語は母国語として流暢に話せるものの、
もう一つの少数言語については
聞く分は理解できるが話すことはできない人のことです。
**************************

いかがでしょうか?😆

おそらく、結果的にそうなってしまっても
初めから ➂ Passive Bilingual を目指す方は
あまりいらっしゃらないでしょう。

我が家では「日本で暮らす、両親ともに日本人」
という環境であっても実現できそうな
② Dominant Bilingual を目指したいと考えています✨

具体的には =

あくまでも母国語は日本語、第二言語として
英語でスムーズな意思伝達ができること✨

ただ、これだけではまだ抽象的ですよね😅苦笑

もっと細かい目標設定で言うと、
過去の投稿でも触れたフィンランド独自の
10段階CEFR を参考にしようと思っています💡

 

 

◎小学校卒業までに・・・英検準2級
◎中学校卒業までに・・・英検2級
◎高校卒業までに・・・英検準1級

 

これなら、無理なく良いペースで
英語力アップできそうな気がしたのと、
実際フィンランドの成功事例があるから
安心だしイメージしやすいんです😃♪

ちなみに日本国内で英検準1級というと、
トップレベルの英語力で高く評価されます。

とはいえ、小学校卒業なんて先の話過ぎ⁉️
いったんはこれを長期目標として、
ざっくり描いているそれまでの道筋としては…

🚩1歳半~(※現時点 2022年)

  • 英語のしかけ絵本の読み聞かせや
    YouTubeを通して簡単な単語をインプットする
    (色、動物、食べ物、乗り物など)
  • 簡単な英語の語りかけで簡単な指示が伝わる
    (〇〇持ってきて、〇〇行くよ)

🚩2歳~

  • YouTubeアニメを見始め会話をインプットをする
  • フラッシュカードで名詞を強化する
  • しかけ絵本英語絵本のレベルを上げていく
  • 簡単な単語(一語文)が出てくるようになる
  • Yes/Noなどの簡単な受け答えができるようになる

🚩3歳(年少)~

  • 英語絵本YouTubeを通してインプットする
  • フラッシュカードで形容詞・動詞を強化する
  • 二語文~三語文と話せるようになる
  • オンライン英会話を始める
  • フォニックスを少しずつ始める

🚩4歳(年中)~

  • 日常的な簡単な受け答えが英語できるようになる
  • 英語の多読を始め(ラズキッズ?)
    語彙力を強化する
  • 海外旅行に行き実際に英語を使う機会を設ける

🚩5歳(年長)~

  • フォニックスを本格的に学び
    英語絵本を自分で読めるようにする
  • 「Show and Tell」などを通して人前で
    簡単な発表が英語でできるようになる

🚩6歳(小1)~

  • アルファベットが書けるようになる

🚩7歳(小2)~

  • 英検5級に合格し成功体験を得る

🚩8歳(小3)~

  • 英検4級に合格し成功体験を得る

🚩9歳(小4)~

  • 英検3級に合格し成功体験を得る

こんな感じでしょうか?

先になれば先になるほど曖昧ではありますが、
これが私の頭の中で描いているおうち英語計画♪

その時の状況によって、変わる可能性は
大いにありますがざっくりで良いと思っています🙈

ちなみに、今ネットではバイリンガルキッズたちの
動画もたくさん出回っており、そんな英語力を
目の当たりにすると焦ってしまうかもしれません😓

周りの子どもと比べるのではなく、
昨日の我が子と比べてあげてくださいね✨

少しでも皆さんの参考になれば幸いです🤗