◆英語教育マニアが分析する英語教材(DWE・WWK・その他)

子どもの英語教育に興味のある方は、
おそらく英語教材の購入を検討すると思います🙂

今回は、私が実際に資料請求をして比較した
英語教材を4つ簡単にご紹介✨

英語教育マニアの観点から、
私個人の考えもお伝えします🎶

  1. DWE(ディズニー英語システム)
  2. WWK(ワールドワイドキッズ)
  3. こどもちゃれんじEnglish
  4. ミライコイングリッシュ

教材の詳細に入る前に、
そもそも英語教材は必要?という疑問について
私なりの考えをお伝えします✨

ズバリ…❗

正直なところ英語教材がなくても
おうち英語は可能です😆🎶

実際、私の周りでも英語教材は購入せずに
バイリンガル子育てが順調に推移している方の
話をちらほら耳にします🤓
本当に親御さんの努力がすばらしいです👏

そういう親御さんの共通点はこちら ↓

  ☑ 英語が得意で子どもと英語が話せる

     or

      ママ・パパ自身が英語を勉強している

  ☑ バイリンガル育児の優先順位が高い

  ☑ 英語教育に関して情報通・精通している


あくまでも私の個人的な分析ですが
🙂

いろいろとご自身で情報収集して、工夫して、
自己流でおうちで英語教育ができるって
なんともうらやましい限りです💖

私はと言うと、6年ほど留学経験があり
一応バイリンガルということもあって、
周りからは「自分で英語教えたらええやん🤚」
と言われますが英語教材を申込みました❗😅
自分で教えることもできなくはないだろうけど、
あったらあったで安心…😉
というか、ないとなんか不安…
の方が表現として正しいでしょうか💦

そんなことはさておき、まずは基本情報の比較から👓

次に、各教材について私の見解を書きます❗

***********************

1️⃣DWE(ディズニー英語システム)

とにかく本当に良く考えられて作られた
抜けのない優良教材✨💯
表現力アップのためのタッチペン付の本や、
発話を促すQ&Aカード、
理解力を深める体験型教材など
さまざまな仕掛けがあります。

教材のボリュームからわかるように、
英語のインプット量も膨大です。

よって、目指せるレベルももちろん高く、
(なんと最終的には英検準1級!)子どもに
高い英語力を期待するなら間違えなく
こちらの教材でしょう💁

月会費はかかりますが、会員になると
電話で週1回(3分程度)英会話の練習ができたり、
イベントに参加できたりと、
実際にアウトプットできる機会まであります。

また、CAP制度という独自のレベルアップの
システムがあり、子どものモチベーション維持には
とても効果的な方法だと思います👍

英語学習に必要なすべてのステップが
盛り込まれた完璧なセット教材です🙆‍♀️

もともと100万円もするなんて高すぎる…
と思っていましたが、これだけ充実した内容なら
むしろ高くないと思いました👀

ただ、私が最終的に選ばなかった理由としては🔽

①教材の数が多く複雑で使い方が難しそう、
 かつ場所を取る

②子どもがずっと気に入って遊んでくれる
 保障はないと思うと高額商品はリスクが高い

➂私の性格的に使いこなすのは恐らく難しい
 (飽き性、貧乏性、めんどくさがりや)

あとは、小さいうちからそこまで高い英語力
(小6で英検準1級)を子どもに求めるか?
と考えた時に、そこまで頑張らなくても
良いんじゃないかという気がしました😅💦

参考までに、中古でDWEを購入するのもありですが、
アウトプットの場とモチベーション維持の方法を
ご自身で工夫する必要があるかと思います💡

***********************

2️⃣WWK(ワールドワイドキッズ)

DWEの次に本格的な英語学習ができるであろう教材✨

こちらの教材もボリュームがかなりあるので、
インプット量としては非常に優れています😊

ベネッセのオリジナル教材と
海外の人気知育教材や人気絵本が
組み合わさっているのが魅力的です😍

30万円程度と合理的な価格設定で、
人気が高い理由にも納得です❗

定期的に親子で参加できるイベントも
開催されており、こちらもアウトプットの場と
セットの充実したサービスです✨

こちらの教材を購入するに至らなかった理由は、
こどもちゃれんじEnglishとの二択で悩んだ結果です💧

DWEと比べると教材は少なめですが、
それでもやはり私には教材が多く感じてしまい
使いこなせる自信がありませんでした💨

WWKの教材セットに含まれている
海外の知育玩具や英語絵本は自分でも買えるので、
良さそうなものがあれば実はポチってます🤣

***********************

3️⃣こどもちゃれんじEnglish

ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

子どもの年齢・発達に合わせたオリジナル教材が
2ヶ月に一回届くサブスクの英語教材😊
DVD・おもちゃ・絵本の全てが毎回連動しており、
英語の定着が図れるよう設計されたよくできた教材です👏

何と言っても主人公があの「しまじろう」なので、
しまじろう好きの子どもにはたまりません💗

肝心な費用はというと、
月換算すると約1,500円。(年間約2万円)
年長さんまで継続すると総支払額は約10万円💡

DWE・WWKがオールイングリッシュなのに対し、
こちらのDVDでは補足説明的に時々
日本語が出てきます💡

日本語がある程度わかる子どもにとっては
馴染みやすかったりすると思いますが、
英語教材に日本語が入っていることに
否定的な見方もあります。

個人的にはそこまで気にならないですが🙂

「しまじろうは英語も話せてすごいね👏」と
考え方によっては、バイリンガルのしまじろうが
子どもにとって目標となる存在にもなり得る💡
と思っています❗

肝心な英語力が身に付くかという観点で言うと、
DWE・WWK(約6,000語)と比較すると圧倒的に
インプット量では劣りますが、
ゆっくり英語を楽しんで身に付けたら良いと
思っている家庭には申し分ないレベルです👍

「約2,000語学べる」=小・中学校で学ぶ
語彙数に値するので、小学校に入る前に
それだけの知識が身に付いていたら十分かと🤗

もし物足りなければ、しまじろうの英語の
YouTube チャンネルがあるので、
それを見せるのもありです!!
英語のしまじろうアニメがたくさん🤩
リンクはこちら ↓ ↓ ↓
Shimajiro Channel - YouTube

私がこの英語教材を選んだ一番の理由は、
ネガティブな印象を与えるかもしれませんが
サブスクでいつでも解約できるからです😅

子どもがいつまでも同じ教材に
興味を示してくれるかなんてわからないし、
これだと数多くある教材の中から
毎回どれにしようかと悩む手間もなく、
2ヶ月毎に届く教材をそのまま子どもに渡すだけ♪

私たち夫婦はフルタイムの共働きなので、
日々の忙しい生活中で無理なく続けられそうな
内容というのはポイントが高かったです💡

今のところ英語うんぬん抜きにして、
かなり子どもが気に入って遊んでくれているので、
正直めちゃくちゃ助かっております🤣

我が子は0歳(生後4ヶ月)から
こどもちゃれんじ<baby>を始めていたので、
1歳になる頃にはしまじろうが身近な存在になっていて
これほどにも食いつきが良いのかもしれません♪

こどもちゃれんじ English(1歳~)を見越して、
0歳からこどもちゃれんじ<baby>を始め、
しまじろうファンに仕向けるのも
戦略としてありかもしれません✨

***********************

4️⃣ミライコイングリッシュ

毎日30分見るだけ(目安は約2年間)」という
シンプルでわかりやすい教材🙂
上記3つと大きく異なる点はおもちゃや絵本はなく
DVDがメインという点です💡

身に付くレベルとしては、語彙数(1,500語)から
判断するに、おそらく「こどもちゃれんじ English」
より少し低めのレベル設定でしょうか🤔

手頃な価格設定(58,600円)とシンプルな教材設計が
魅力的ではありましたが、
英語の映像を見せるだけであれば
YouTubeの幼児向け英語動画で十分なのでは?
という気がいたしました😂
無料で質の高いコンテンツがたくさん存在するのでね✨

***********************

いかがでしたでしょうか?

おうち英語に必ずしも英語教材が
必要なわけではありませんが、
あれば心強い味方であるのは確かです🍀

教材なしでは何をどう始めたらいいかわからないし
不安!という方は前向きに検討して良いと思います😊

まずは資料請求をしてみて、実際のサンプルを
手に取って見られてはいかがでしょうか?

そして、最後に伝えておきたい重要なポイント❗❗❗❗

英語習得に必須なのは👇


「大量のインプット」 × 「適度なアウトプット」

言語学会の理論ではその割合は諸説ありますが、
おおむね【8:2】だと言われています。

いずれの教材もインプットがメインなので、
アウトプットの場を考える必要があります😊

教材を買って安心してはいけません💦
大切なのはどの教材を購入するかではなく、
購入した後どう使っていくか?です🤔